2007年03月01日

●従業員が期限前行使をするタイミング

 ストックオプションは譲渡制限が課されていることが多く、したがって、従業員は権利行使することによりストックオプションの価値を実現させます。しかし、全ての従業員が同時に権利行使することはほとんどなく、権利行使するタイミングは従業員によって異なることが通常です。それでは、従業員はどのようなタイミングで権利行使することが多いのでしょうか。

続きを読む "従業員が期限前行使をするタイミング"

2007年02月13日

●ストック・オプションの会計監査

 ストック・オプションは、金融工学の手法を利用してその費用価額を見積ります。したがって、ストック・オプションは経営者および監査法人にとって「会計上の見積り」として扱われます。

続きを読む "ストック・オプションの会計監査"

2006年11月01日

●ボラティリティ変動モデルの可能性

 オプション評価モデルの中ではBS公式が最もよく知られていますが、近年BS公式に変わる評価モデルが開発されています。中でもBS公式の問題点である「ボラティリティ一定の仮定」への解決策として、近年では「ボラティリティ変動モデル」が開発されています。
そこで、今回はボラティリティ変動モデルの概略と、当該モデルが会計基準に与える影響について考察します。

続きを読む "ボラティリティ変動モデルの可能性"

2006年09月01日

●SO評価モデル選択への示唆

ここでは以下の3点について考察します。

.プション評価モデルの種類
各モデルの特性
ストックオプション評価モデル選択への示唆

続きを読む "SO評価モデル選択への示唆"

2006年08月24日

●ストックオプション発行条件の実態調査

 ストックオプションは様々な権利確定条項を付すことによって多様な機能を持ちます。そこで、仝什澆瞭本ではどのような権利確定条項が多いかを調査し、その上で▲好肇奪オプション会計基準施行前後で権利確定条項の内容が変化しているかを調査しました。

続きを読む "ストックオプション発行条件の実態調査"

2006年08月04日

●誰がSO評価をするのか?

ストックオプションの費用化が決定した後、大きな問題となったのは、誰がその評価をするのかと言うことです。
ちなみに、2006年4月における、上場企業からの回答は以下のとおりでした。

続きを読む "誰がSO評価をするのか?"

2006年08月01日

●新株予約権差し止め請求の法的根拠

最近有償発行される新株予約権発行において、余りに実勢とかけ離れた低価格発行が、様々な弊害をもたらし始めています。

続きを読む "新株予約権差し止め請求の法的根拠"