2008年09月10日

●無議決権配当優先株式の評価−その2

国税局の質疑応答事例「種類株式の評価(その2)−上場会社が発行した普通株式に転換が予定されている非上場株式の評価」において、”當務式に優先して配当がある、普通株式に先立ち払い込み金額を限度として残余財産の分配が行われるという二つの要件を満たす種類株式について、利付公社債として評価するものとされていますが、この判断は少数株主の保有する株式にも適用されるのでしょうか。

下記にて説明します。

続きを読む "無議決権配当優先株式の評価−その2"

●無議決権配当優先株式の評価−その1

少数株主の所有する株式は配当還元方式にて評価するものとされますが、無議決権 で優先配当とされた種類株式の評価の場合に、「社債類似株式」として利付公社債等 に準じて評価される場合があると聞いていますが本当でしょうか。

下記にて説明します。

続きを読む "無議決権配当優先株式の評価−その1"

2008年02月01日

●税務面から見た、役員退職慰労金としての新株予約権

 近年、従来の役員退職慰労金制度から、新株予約権を利用した類似する報酬制度を採用し、自社株オプションを役員に支給する企業が増加しています。
2007年1年間で役員の退職金をこの制度に変更した企業は158社、前年比4割増しとなっています(日経新聞より)。
 平成16年11月、伊藤園が国税庁へ照会した条件による新株予約権の付与について、退職所得として認められたことを契機として、このような新株予約権の付与が急速に普及していったものと考えられます。

続きを読む "税務面から見た、役員退職慰労金としての新株予約権"

2006年08月04日

●非上場会社とSO会計基準

非上場会社がストックオプション会計基準に基づきストックオプションを発行する場合の会計処理とその税務処理について。

下記にて説明します。

続きを読む "非上場会社とSO会計基準"

2006年07月28日

●新株予約権の権利行使時の所得課税区分

新株予約権をストックオプションとして発行した場合の権利行使時の所得課税区分について。

下記にて説明します。

続きを読む "新株予約権の権利行使時の所得課税区分"

2006年07月20日

●新株予約権、SOの売買時の課税関係

所得税施行令84条に該当するストックオプションを、権利行使する前に売買した場合の課税関係について。ストックオプション自体の譲渡のため、譲渡所得課税が成り立つか否か。

下記にて説明します。

続きを読む "新株予約権、SOの売買時の課税関係"

2006年07月18日

●退職金プランとSO活用の課税関係

上場会社の退職金プランとしてストックオプションを活用する場合の取得者側の課税関係について

下記にて説明します。

続きを読む "退職金プランとSO活用の課税関係"